Okano Hiroki's Website English site
Store
MusicDownload 
HOME Profile Discography Live schedule Media Publicity Link Contact

HOME  >  Discography





  

【アルバム解説】

映画監督 ”ピースな映像”作家 中野裕之
http://www.peacedelic.jp/

YOUTUBE(外部サイト)で試聴できます。

01 Stratosphere

  試聴

07 Mother Sky (feat.HALKO+AIKA)

   試聴

一曲目、いきなり岡野ソフトジュモンでアムビエンタルな
空間が出現する。
映像をつけるとしたら、龍がゆっくりと雲の形に
なりながら進む水面にただよう霧もやの
景色が風が吹いてクリアになっていくようなものかなあ(笑)
それアマゾンでしょう。

ハレアカラの頂上で宇宙色になっていく
空を見ながら寝転がって、雲が真上を通り過ぎて行くのを
見ながらニヤニヤと楽しい事や
好きな人とメモリーを宇宙をキャンバスにして
プロジェクションしてみる。
大きく呼吸して大気のエネルギーとシンクロした気分になり
さらに幸せを感じる。
星が次々見えて来て、立ち上がって身体全体を延ばして
息を吸い、息を吐く。
目を閉じて感謝する。
晴子さんのマザーヴォイスが魂を揺さぶる。
光が音を鳴らしたらこんな音だ。
ありがとう

02 Rising Sun (feat. Wanico)

   試聴

08 Circle

   試聴

もはや抜けられない岡野世界を空撮で進む。
山の頂にただよう雲を感じながら高度高く
進むと滝が見えてくる。
何段にも何段にも連なる滝を登っていくと
氷に金色の光が映り込み、シャインゴールドの
クリスタルになった丘を進む。
厚い雲の下から金色に輝く太陽が
圧倒的な美しさで泣けてくる。

先に進む日だ。
新しい事に突き進む。
東に飛んで行くと最後には
西から飛んでいるそんな
丸い地球。

03 Leela #3

   試聴

09 Pacific (feat.TACO+Maddee)

   試聴

空港に行き、空を飛ぶ。かと思ったら
いつのまにか、そこは水中だった。
光が差し込んで波の動きが海の中の
青いグラデーションに
はなやかな印象を与えてくれる。

美しい惑星 地球が回転し続けている間中
太陽が昇り、そして沈む。
地球はすべてを許容して好きにさせている。
そして外に出て地球を体感するとその圧倒的な
パワーを感じて自分の位置を確認できる。
日本人にはハワイやタヒチなど太平洋の島は
ローカルゴッドも寛容だし相性がいいと僕は感じる。
マウナケアの音のしない場所にやってきたヘリコプター
に乗り込んで夕陽が沈むまで追いかけた。
涙が溢れ出て止まらなかった。
美しい。
そしてこの曲は何度聞いても素晴らしい。
引き込まれる。

04 Transit  

   試聴

10 Orbit

   試聴

カレントの水の力で何もしないでも
鳥が空を飛ぶように行きたいところに
顔と首、上半身を動かすと進んで行ける。
スピリットってきっとこんな感じ。
思った事がそのままかたちになるって
いう感覚。

パーンと水面に波紋がすーーーーっと拡がって
周りが湿った感じになり息を吸うと
その時、小雨が降り始めた。

05 Kuon

   試聴

11 .JP

   試聴

目に明るいオレンジが感じられるようになり、
気がつく朝がやってきていた。
ゆっくりと目を開くと、極楽鳥が羽根を延ばし
色とりどりの花を籠に入れ頭にのせて運ぶ
女性が海岸沿いを歩いて進んで行く。
湖の前では鏡のような湖面にその美しい隊列が
進んで行く様子が映り込み、
空には多くの鳥が飛んでいく。

鶴と大きい真っ赤な太陽。
鶴の舞い。

 

06 Show me your Sky (feat. Wanico)

   試聴

12 Return of the soul

   試聴

エメラルドグリーン、
ターコイズブルー、
シャインブルーの光紋が壁に映り込む
圧倒的に上に広い空間をゆっくりと地上から
15メートルくらいで進んで行く。
下に見えるギャップは動くクリスタルガラス
奥から明るい光が強くなって来た。
水の色がどんどん明るくビビッドで
生き生きしてきた。

美しい日本に似合う音楽。
Japan




  


GUEST MUSICIANS
 

 

HALKO (桑名晴子)

1978年 L.Aでリトルフィート、HAWAIIで、カラパナとレコーデイング アルバム「ミリオンスターズ」をリリース、メジャーデヴューROCK&SOUL をこよなく愛し、多くのアルバムを発表しつづける。HALKOのネーミングで作詞、作曲、ART 制作をインデイーズとしても活躍。1989年よりアンダーグラウンドをギター1本で弾き語るLIVEを展開。2006年、デヴュー30周年を迎え制作した記念アルバム「one」に続き、兄の遺志をも繋ぎ、音楽で繋がる心のボランテイア「HEART AID 」を 促進しつつも、兄自身が録音し残した LIVE 音源で「桑名正博奇跡の LIVE2012」を プロデユース、2012 年12月8日「KUWANA MASAHIRO BOOT LEG」を発表、 重ねて、2013年9月9日、月にまつわる楽曲名曲を自身でアレンジし唄ったアルバム「SISTER MOON] リリース。 収録曲は、西岡恭蔵さん作曲、大塚まさじさん作詞の 名曲「月の祭り」、 桑名正博:作曲、下田逸郎;作詞「月のあかり」 桑名正博:作曲「BROTHER SUN & SISTER MOON」音楽の持つ力を 歌で表現出来る 誰もが 認める比類なき女性ボーカリストの一人。

http://www.one-halko.com/

 

長田'TACO'和承(おさだ“たこ”かずよし、1955年10月2日〜)

18歳でプロミュージシャンとして活動を始める。 1973年、大塚まさじ、永井洋、西岡恭蔵らの伝説のバンド、オリジナル・ザ・ディランに参加。 1975年、レイジ−.ヒップに参加。
中川イサトのオムニバス・ライヴ『鼻歌とお月さん』に参加。他には、いとうたかお・大塚まさじ・加川良・シバ・西岡恭蔵・金森幸介の面々。 1989年から大庭珍太、Annsanとマンドリン・ブラザーズ、1990年からSHATなど、ギタープレーヤーとして活動。
またスチールギター、マンドリンの名手として、大塚まさじ、加川良、小坂忠、桑名晴子など、多くのグループ、アーティストのライブ・レコーディングに参加し、多くの演奏を残す。 作曲家としても多くのアーティストに楽曲を提供している。 2001年、天空オーケストラに参加。 春一番コンサートの常連で現在も多くのミュージシャンと精力的なライブ、レコーディング活動を行っている。

http://osadakazuyoshi.com/

 

Aika - 橋本 恵子 -(サウンドセラピスト/ヴォーカル/作詞/作曲)

毎日放送「アイカ魔法の時間」でパーソナリティーを務めサウンドセラピーの世界を広げる。TV賢者の選択で「ありがとう」がエンディンテーマソングとし親しまれる。
Aikaの指導した女優に、「藤原紀香」、「相武紗季」、新体操オリンピック選手の女王「村田由香里」など 多方面に芸能活動、スポーツ活動をしている女性がいます。
現在CD18枚を発売中。CDムック『魔法の声』(マキノ出版)。 飯田史彦さんとの共著CDブック『光からのメッセージ』(PHP研究所)。
『あなたの声は幸せを運ぶ風になる』(牧野出版)大和いにしえの響き」( オフィス・アイカ)
「アイカベスト・アルバム」(オフィス・アイカ) が好評発売中。

「オフィス・アイカ」 http://www.music-net-jp.com/aika

 

TeN

声の持つエネルギーを体中から発信し、表現し続ける。全国で放送中の旭化成CM曲「さよならの向う側」のカバーで一躍脚光を浴び、フジテレビ「僕らの音楽」に出演を果した。また、関西を中心にDJ Yoku率いるダンスミュージック・ハウスユニット"A Hundred Birds"のヴォーカリストとしても活躍。インディーズ、メジャーから多数の作品をリリースする。ここ数年、CMナレーションでも彼女の声が聞けるなど多岐にわたって活動を行う。今回、ピアノ大前千鶴、ベース中島克己を迎えてのライブを行う。

 

Marter(マーテル/ ヤマウチマサテル)

作詞・作曲、アレンジ、プロデュース、ヴォーカル、演奏全てを自身で手がけるアーティスト。東京生まれ、ロスアンジェルスに移り住み、バークリー音楽大学を経て帰国。バンドPOSHとして活動した後、Yamauchi、Marter名義でソロ作品“Weltraumasthetik”(2009)、『樹海』『月の出汐』(2002)などをリリース。2011年にJazzy Sportに参加、話題曲“Inochi”を含むアルバム“Finding & Searching”を2012年にリリースする。

 

Wanico わにこ

Live act. / Music producer / Fashion model / The Wani Channnel代表。
2006年Miss International Japan1st-runner upに選ばれた後、ファッションモデルとしてショー、広告、スチール等で活動。2009年にロサンジェルスの音楽出版社 Right Bank Musicと契約し、ハリウッド映画カタログに自身の作品を提供。その実績が認められ、2010年には石山寺・国宝如意輪観世音菩薩御開扉に際し、自身の音楽を奉納、九日間にわたる音楽祭をプロデュース。以後、音楽プロデューサー、コンポーザー、ファッションモデルとして、日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ、アジアを拠点として国際的に活躍。2011年には、イタリアのFluida Records、シカゴのEar Time Recordsより楽曲をリリース、2012年には、インターポールと共同での国際音楽イベント「Proud to Be」に日本人として唯一召喚され、Youssou N'dourやYvonne Chaka Chakaと共同で作品を制作。2012年、自身のライブ活動も本格化させる中、「The Wani Channel」設立。2013年6月シンガポールで行われたAsia lady of excellence Award において、Lady of excellence 2013を受賞。フィールドサンプリングによる自然音から製作された独自のビートとメロディアスなエレクトロニックサウンドによるWanicoの世界観は最先端テクノアーティストからも絶賛を受け、その情熱的なライブアクトは世界各国で好評を得ている。

 

Maddee Dargue

I am signed to UK Labels Freaktone Records and Dead Brilliant as artist "Maddee Loveday" and co write with alot of songwriters and producers worldwide, I also created "Colours Of the Voice" my own syllabus of Holistic Voice Training and Confidence in Vocal expression on stage and in the studio, and i am creatively develop up and coming singers for Artistic Development thru my on line company Aiming 4 Fame Organisation.




  

 

ページのトップへもどる